BLOG「店舗構築日記」

[勇者の章]


前回の引っ越しはこれまでの人生の中で最大の闘いでした。

大家さんの死去に伴い突然の退去を言い渡されてしかも定期借地物件だったのでなんの保証もありません。16年間暮らしてためにためた事物の量は半端なく約45坪の建物だけでは飽き足らず外に四個の運動会倉庫にもぎっしりモノが詰まっています。これはとてもじゃないけど1人でやるのは不可能です。ドラゴンがギッシリ詰まった魔法の洞窟に蒲鉾板を盾がわりにハダカで殴り込むようなものです。

ネットでSOSを出したら、「手伝いますよ!」と名乗り出てくれた勇者が現れました。結局、彼を中心として実に多くの善男善女の応援とお手伝いのおかげで大凡半年をかけてようやく引っ越せたのです。


「またあれをやるのか、、」と思うだけでなにもかもが憂鬱になります。脳味噌が闇に溶けていくような気分です。でも、今回は前回タイに行っていて居なかった三吉さんがいるので随分心強いものがあります。

しかし、前回でお金を使い果たしたのであまり予算もないから(その割には新居の修復に結構お金がかかりますが)こっちの方が大変かもしれない、、そうだ!また勇者に来てもらえないだろうか? と打診してみたら、勇者さんも仕事がまだ決まって居ないという事で手伝って貰える事になりました。本当にありがたいです。



3月21,22日

今回は勇者さんと作業からスタートです。三吉さんは友人の展示を観に地方に行っていて合流出来るのは3日後なので、それまでは2人で頑張るしかありません。

まずが前回の続きからで、まず一番雨漏りの酷い元寿司屋の屋根のトタンを張り直しつつ二階居住区の徹底な消毒と掃除。電気も引いて二階居住区を確保。無事泊まれるようになりました。そのまま一階倉庫部分の企業ゴミの片付けに入りますがこれが中々大変です。それでも2日かけて作業を続けました。


3月23日

午後近くに五井という駅で三吉さんと合流。そのまま資材を購入してそのまま作業に入り、まずは二階全域を仕上げて行きます。


3月24日

一階元スナックの上底になっている床と壁を撤去。ここで出てきた床の残材で一階倉庫の床が作れそうです。かつて解体職人だった頃培った技術と知識がこんなシーンで役立つとは思っていませんでした。まあこんなシーンに直面する事も普通はまずないよなあとは思いますが。その残材で取り敢えず奥の倉庫の床を二十畳分修復。あと一部屋は後にして、まずは引っ越し荷物の一部を運び込んで、その日の夜に撤収致しました。


一度、家に戻り猫の世話したりまたネットオークションに荷物を出したりして、3日後にまた新居に向かいます。


3月30,31日、4月1日

朝、現在の家で勇者さんと待ち合わせて詰めるだけ荷物を積んで途中五井の駅で三吉さんと合流。そのまま新居に入り作業を始めます。

まずはこれから倉庫になる部屋です。この前手付かずだった奥の部屋の企業ゴミ他を片付けて、それから半分以上落ちている床の修復作業に入ります。2日かけてなんとか床を直し腐った畳30枚を外にだし、一階倉庫部分とその近辺を掃除して、ようやく普通に呼吸ができる環境になりました。

さて、あと残すところは床が抜けてボロボロになっている元台所と現時点でゴミ置き場となっている元寿司屋のみです。最終日は資材を購入してきて倉庫に棚を作り、持ち込んできた引っ越し荷物を収納。これでようやく目安が見えてきました。ここまでで作業期間9日間。短いような長いような。最低ラインまで到達するのにまだ一週間はかかるでしょう。

現在開催中の横浜中華街ギャラリーソコソコでの骨董市の為に最初に持ち込んだ荷物を積み直して帰りました。



そして、そのまま現在に至るわけです。


私達、野外での骨董市を主体に活動している古道具屋にとって今ほど過酷な状況はありません。

仕事とは物販であって、ほぼ全ての会場が使用出来ない現状では販売そのものが出来ないのですから、「飢え死にしてね」と行政に言われている様なものなのです。

私達古道具屋に限らず、イベントやライブで収入を得ているミュージシャンやフリーランス、ライブ会場の主催者、バーや飲食店の人達は「やはり飢え死にしてね」と行政から言われている現状なのですが、これは中々理解して貰えないと思います。


救済の為と提示された国の施策は借金か実際にはかなり申請が難しい給付金であってそう簡単にもらえるようなものではありません。一応でも仕事があり、少なくなったとはいえ収入を確保できる環境にある人達にとって私達が今向き合わざるを得ない過酷な現実は中々理解してもらえないようです。

いつか、この暗い重苦しい空気が流れ去り、あの時は大変だったねえと話せる日々が来る事を切に願います。

[冒険の書]


3月14日

その日は朝から雨が降る寒い日でした。

お金を財布に詰め込んで、三吉さんと流星号(仕事用マツダボンゴディーゼルターボ)で千葉の現場に向かいます。ところが、待ち合わせの時間にちゃんと着いたのに大家さん兼不動産屋のおじさんがいません。

その日はガスの手配と電気や水道を開ける手筈で現地集合という約束だったのに誰も来ていないのです。しょうがないので電話したら、自分で言い出したのに事務所で待ってたとか。兎に角来てくださいと話をして、ガス屋さんも改めて現地集合になりました。


ガス屋さんに家を見てもらい「ガスを引く場所を大凡に決めて工事は水道が来てからね」という事に。電気屋さんは来てくれたけどメーターがいくつもあって果たしてどれを使うやらです。それで、とりあえず生きてそうな二つを通電しましたが、肝心な居住区に電気が来てません。更に色々チェックしてもらったら、奥の居住区に行く電気のメーターが外されている事が判明。そりゃつくわけがありません。

この状態ではやりようもないので、これはあとで考える事に。


さっさと事務所に帰ってしまった大家さん兼不動産屋さんを追いかけて無事契約成立。あの340平米は無事アウトローブラザーズの賃貸物件になりました。嬉しいけどこれからの冒険を考えるといくらでも不安になれそうです。


現場に戻り早速作業を始めますが、外はそのうち季節外れの雪になりどんどん冷え込んで来ます。まずは倉庫になる予定の30畳の大広間に山積みになっている企業ゴミの片付けからだけど、電気が点かないのでバッテリー照明を使っての作業です。

この時点でまともなのは手前の十畳だけで、奥の二十畳は床が抜けている事が判明。当初の予定では隅に積み上げられた畳を戻して上にシートを張ってと簡単に考えていましたが、まずは床を再構築しなければならないというもっと手前のスタートに立つ事を余儀なくされたわけです。


この日はざっと全体の状況を把握するのとこの奥の部屋のゴミの片付けに手を付けた辺りで、すっかり暗くなってしまいました。この状況下で床を踏み抜き床下に住む魔物達に足を引っ張られて底無し沼に飲み込まれるという危険を避けるためにも、今日はもう作業を辞めましょうという事になりました。

でも、とてもじゃないけど泊まれるような状態ではありません。最寄りのネカフェを探しますが、きっちり20キロは離れてましたね。それでも、なんとかたどり着いたネカフェで一泊しました。



3月15,16日

朝ホームセンターに寄って、必要な資材や掃除道具などを確保、朝から作業に入り二階の居住区の掃除に入ります。ようやく来てくれた水道屋さんが水栓を開けてくれましたが、この時点で水は一階の店舗部分にしか来ていない事が判明。風呂場には水が来てなくて風呂まで水を引かなくてはいけない事がわかりました。

夜まで作業して、ネカフェで更にもう一泊。一階倉庫の整理と店舗部分に着手します。


店舗はスナックと寿司屋に分かれていて奥で繋がっています。様子を見に来てくれた向かいのお爺さん情報だと、「若い頃はスナックのママが社長で寿司屋は彼女が雇っていた板前に任せていたんだよ。この板前が酒が好きで飲ませると酔ってグダグダになって仕事にならず、面白くてどんどん飲ませるんだけどママにバレて怒られたなあ」って、

え、それは一体いつの話なの? つまりそのスナックが撤退してからどうもずっと空家だったらしいのがなんとなくわかったのですが、それがどうも20年は前の話らしいのです。

20年放置されてたの!? そりゃハクビシンも住みつくわけです。


スナックの嵩上げされた床をある程度解体して様子が見えて来たところで暗くなってしまったので、撤収。資金稼ぎのためにやっていたヤフオクが落札されたのでその梱包作業もありで一旦横須賀に戻りました。



続く

私は生きるという事が苦手です。


何度引越しても隣近所とうまく行ったためしがありません。

大抵それが理由の中の大きな要素となってまた引っ越す事になってしまう事が過去何度かあったのです。今までに18回も引越しをしたのも全部がそのせいではないけれど、少なくともこの前のと今のは明らかにそのせいです。


今回は隣に住んでいる大家のお婆さんが「親戚を住まわせるので出て行って頂戴」と突然宣ったのがコトの始まりでした。

勿論そんな無体なと断ろうとすると事実無根な罵詈雑言を浴びせられました。それまでの苦い経験から自分としては精一杯努力していたつもりだったのですがそれがなにひとつ意味を為さずそれ以上に怒りをかっていた事に大変なショックを受けて心身ともに落ち込んでしまったのです。 


それで個展やら骨董市やらの間隙を縫って新しい家探しが始まりました。



この家をやっとネットで見つけたのですが、写真など一切なくて家の図面しか掲載されていません。

見に行くにしてもアクアラインに乗って更にまだその先になります。元々千葉県はあまり縁がなくてこれ迄は成田に行く途中にある平野というイメージしかありませんでした。高速代だけでも片道三千五百円、近隣の状況を調べてみても最寄りのコンビニが4キロ先だとか最寄り駅が有形文化財で2.9キロ離れてるとか、不安になる材料しかありません。

まあそれでも家賃が安いしそれに充分に広い。道具屋としても美術作家としても申し分のない物件です。もう一軒の候補は現在の住居から30分程度で広さもそこそこあるのだけど庭がありません。


でも、この千葉の物件、問い合わせメールに一切返信がない、それで片付けと商品整理に来てもらっていた三吉さんにお問い合わせ電話をしてもらったのですがあまり要領を得ません。

それならもう見に行こう!という事で次の日だったか一緒に行ったのですが現場はどこからどうみても間違いなく立派な廃墟でした。


あちこち雨漏りしていて天井や床が何箇所も抜けていて、三十畳の大広間には企業ゴミみたいなのがヤマモリです。ハクビシンも大家族でお住まいになっていたらしくあちこちに彼等のフンがヤマになっています。ずっと閉めっぱなしだったようで、カビ臭く迂闊に深呼吸などしたらそのまま喘息とかになりそうです。


借りれば今回から正式に古道具屋修行に入る三吉さんと共同で使う事になるので彼女の意思や意見も尊重せねばなりません。大家さん兼不動産屋さんのお爺さんもこんな状態だから好きにしていいよ、猫だって虎だって、なんでも飼っていいよ、と言ってくれたのでそれならいいかなと。三吉さんも改装し放題という所でやる気になっていてそれなら前向きに検討しますと言う事で一旦引き上げました。

それは、もう一軒現在の住居に近い物件を内見をお願いしていたからで、辺境の海に近いその物件も周囲の様子や風景がとても素敵だったのです。ですが、そちらはバタバタしているうちに借り手がついてしまいました。

それならこれはなるべくしてなったのだと考えすぐに契約を済ませ、まずは修理と片付けからという事になったのです。


でもそこからがこの冒険の旅の始まりになったのでした。



続く